毎日暑い日が続き、疲れがなかなかとれず倦怠感(だるい)と感じられている方が
多いのではないでしょうか?
そんな方に自分で出来る倦怠感(だるい感じ)の解決方をご紹介したいと思います。
——————————————————————————————————————
(以下ネット引用)

倦怠感(だるい感じ)を解消し、心身の健康をキープするためには,全身の健康を自分でケアするセルフケアが
重要です。

食事や運動、睡眠、心身のリラックスを通してセルフケアを行いましょう。

倦怠感を改善する食べ物としては、セロトニンの原料となるトリプトファンを多く含む食材がおすすめです。

セロトニンは、倦怠感、睡眠、感情を調整してくれる物質で、私たちが快適に生活するために重要です。

トリプトファンはわたしたちの身体では作られないため、食事から摂る必要があります。

トリプトファンを多く含む食材として味噌などの大豆製品、乳製品、バナナ、穀類などがあげられます。

夜間の間食を控えて、朝ごはんでは和食(ごはん、お味噌汁)や、バナナと牛乳を組み合わせて1日をスタートすると
良いでしょう。

運動は体の健康だけではなく,心の健康にも大切です。

ただ、忙しいと運動の時間を確保するのもなかなか大変です。

そんなときは、階段の上り下りや、お昼休みのウォーキング、ストレッチなど小さな運動を取り入れることを
おすすめします。

脳の疲れと身体の疲れに差があると、倦怠感や疲労を解消する質のいい睡眠が取れません。

夕方の運動は深部体温を上げ、質の良い睡眠をもたらしてくれます。

デスクワークなど頭を動かすことが多い人ほど、適切な運動を夕方に取り入れることがおすすめです。

現代は自律神経のバランスが崩れ、交感神経優位の過緊張状態の人が増えています。

現代は携帯やゲームの普及などにより,脳が休まる時間が少なく睡眠リズムも乱れやすくなり、心身にストレスが
かかりやすくなりました。

だからこそ、意識してリラックスする時間をキープし,心や体を休ませることが必要です。

IT機器などの強い光は睡眠ホルモンのメラトニンを低下させてしまうため、寝る1〜2時間前から携帯やゲーム機器、
PCはできるだけオフにして部屋の明かりを落としたり、ストレッチをしたりして、リラックスできるようにしましょう。
                                          

おすすめの記事