寝つけない、眠りが浅い、疲れがとれない… 原因はコレだった!

寝る前のスマホ。( ゚Д゚)
体内リズムを狂わせる・・・

画面の光を浴びることによって、
脳が昼間と錯覚 ((s-_-)sズン,,((s-_・)sズン,,((((/゚◇゚)/<オッハヨォーーーーーーーーーーーー

人は「日光を浴びると覚醒し、夜になると眠くなる」という睡眠のリズムがあります。 これには、体温や脈拍数、血圧などを低下させ、人を休眠や睡眠に誘う「メラトニン」というホルモンが関係しています。 メラトニンは、強い光を浴びると分泌量が減り、反対に暗い所にいると分泌量が増えるため、人は夜になると眠くなるということです(-.ゞ ネムネム

スマホ、パソコン、タブレットなどから発せられる光によって、脳が「昼間だ」と錯覚し、メラトニンの分泌量が抑制されます。すると、脳が覚醒し、眠りが浅いなどの睡眠障害を引き起こしやすくなります。

スマホ、パソコン、タブレットなどから発せられる光によって、脳が「昼間だ」と錯覚し、メラトニンの分泌量が抑制されます。すると、脳が覚醒し、眠りが浅いなどの睡眠障害を引き起こしやすくなります。

《睡眠リズムラボ》

おすすめの記事